CORPORATE

Corporate

About Us

入り口にあるメインと最初の建物(Havuzlu Mansion)は、伝統的な部屋のセクションにあります。 2フロアでは、中央のホールでは、エアコン付きの部屋の大量のオープンは、伝統的なインテリアで完全にまだ生活しています。左の大きな部分にあるエントランスは、内部にユニークなプールがあるゲストを待っています。プールは真ちゅうの皿、朝食、アフタヌーンティー、またはコーヒーを飲むときに実行され、それは別々の世界に客を連れて行きます。それはプールのホールのようなものでした。落ち着きと心の安らぎの精神をタップから絶え間なく吹き飛ばしてプールの中を満たすプールのようなものでした。この経験は、歴史の昼光をろ過した加工されたカリコカーテンからの窓と花、世界はすべての自然の中の明るい緑を取り込みます。杉の前に置かれ、水晶の輝きを帯びた磨かれた皿は、伝統的な中国の鉢の上に置かれています。真鍮のキャンドルホルダー、夜はキャンドルライト、サンゴのような揺らめき、ここではどこにもない、おとぎ話のイメージ。大邸宅は大きな採石場のある大きなレストランである地下室を通って裏庭に通じるように設計されています。テラスは暖かい晴れた夏の日に300人の人々に美味しい食べ物を提供する能力があります。伝統的な内装の客室で、サフランボルのすべての穏やかな、生きて味を楽しむことができる。木製の床の敷物、棚からの銅まで、ここのすべてはオリジナルです。真鍮の寝台で統一された窓の杉の前を回っています。 2番目のセクションは、最初とメインの庭の入り口のゲート、美しい歴史的な建物の右端(Asmazlarマンション)に位置する大きな庭。 1999年の春には、このセクションでは、両方の部屋と本館の全体的な個性が特徴的であり、どちらも廊下の中央に形成され、バスルームは非常に広くて快適です。チェーンの3番目のリンクは、道路の反対側の小さく魅力的な建物 "小さな邸宅"。 Havuzlu邸宅を出発することなく、Havuzlu邸宅を楽しむことができます。Havuzlu Mansionは、顧客に必要な製品とサービス、そして社会的責任を果たして顧客満足を確保します。魅力的な価格政策、宿泊施設と両方のレストランサービスの必要性は、顧客の期待を超えるサービス基準を達成することです。

Iriguchi ni aru mein to saisho no tatemono (Havuzlu manshon) wa, dentō-tekina heya no sekushon ni arimasu. 2-Furoade wa, chūō no hōrude wa, eakon-tsuki no heya no tairyō no ōpun wa, dentō-tekina interia de kanzen ni mada seikatsu shite imasu. Hidari no ōkina bubun ni aru entoransu wa, naibu ni yunīkuna pūru ga aru gesuto o matteimasu. Pūru wa shinchū no sara, chōshoku, afutanūntī, matawa kōhī o nomu toki ni jikkō sa re, sore wa betsubetsu no sekai ni kyaku o tsurete ikimasu. Sore wa pūru no hōru no yōna monodeshita. Ochitsuki to kokoro no yasuragi no seishin o tappu kara taema naku fukitobashite pūru no naka o mitasu pūru no yōna monodeshita. Kono keiken wa, rekishi no hiru hikari o roka shita kakō sa reta karikokāten kara no mado to hana, sekai wa subete no shizen no naka no akarui midori o torikomimasu. Sugi no mae ni oka re, suishō no kagayaki o obita migaka reta sara wa, dentō-tekina Chūgoku no hachi no ue ni oka rete imasu. Shinchū no kyandoruhorudā, yoru wa kyandoruraito, sango no yōna yurameki, kokode wa dokoni mo nai, otogibanashi no imēji. Dai teitaku wa ōkina saisekiba no aru ōkina resutorandearu chikashitsu o kayotte uraniwa ni tsūjiru yō ni sekkei sa rete imasu. Terasu wa attakai hareta natsu no hi ni 300-ri no hitobito ni oishī tabemono o teikyō suru nōryoku ga arimasu. Dentō-tekina naisō no kyakushitsu de, safuranboru no subete no odayakana, ikite aji o tanoshimu koto ga dekiru. Mokusei no yuka no shikimono, tana kara no dō made, koko no subete wa orijinarudesu. Shinchū no shindai de tōitsu sa reta mado no sugi no mae o mawatte imasu. 2-Banme no sekushon wa, saisho to mein no niwa no iriguchi no gēto, utsukushī rekishi-tekina tatemono no utan (Asmazlar manshon) ni ichi suru ōkina niwa. 1999-Nen no haru ni wa, kono sekushonde wa, ryōhō no heya to honkan no zentai-tekina kosei ga tokuchō-tekideari, dochira mo rōka no chūō ni keisei sa re, basurūmu wa hijō ni hirokute kaitekidesu. Chēn no 3-banme no rinku wa, dōro no hantaisoku no chīsaku miryoku-tekina tatemono" chīsana teitaku". Havuzlu teitaku o shuppatsu suru koto naku, Havuzlu teitaku o tanoshimu koto ga dekimasu. Havuzlu manshon wa, kokyaku ni hitsuyōna seihin to sābisu, soshite shakaitekisekinin o hatashite kokakumanzoku o kakuho shimasu. Miryoku-tekina kakaku seisaku, shukuhaku shisetsu to ryōhō no resutoransābisu no hitsuyō-sei wa, kokyaku no kitai o koeru sābisu kijun o tassei suru kotodesu.

親愛なるゲストは目標 Havuzlu マンションを持っているあなたの快適さのあなたの家へようこそ。当社のスタッフがご滞在中に最高品質のサービスを提供するためにあります。

Asmazlar マンションの家族として、私たちは最高の快適さを提供するために非正統的な方法でお客様に違いを生むことができると考えています。私たちはあなたと同じ家に住んでいる家族のメンバーでなければならないと考えた。

この家族の世帯主の位置を入れています。ようこそ、部屋、私たちの実践、私たちのミニバーでホスピタリティ トレイから始まって、私達の選択を感じたいと思う私たちの朝食でミニ驚きも人間の健康カーペット、寝具、繊維を対象としたと私たちの違いは完全にフレンドリーなスタッフ。

私達の大邸宅内のすべての違いを記述する、氏名を文字を記入送信されますあなたにチェックイン プロセスに。

私たちの目標はサフランボルのあなたの家で過ごせるように、この別れを感じるでしょう。

当社のサービスの品質をアップグレードするからいただいた提言になります私たちの幸せ...



Murat EPLİ
Havuzlu Asmazlar マンション ゼネラル マネージャー